最終更新: 2019/06/22(Sat)23:19

自作と修理を愛するブログ。トイラジ、電子工作、ボルティー、NucleusCMS 、いろいろゴソゴソやってます
3Dプリンター / 3Dスキャナーも -kyu-

Home > 過去記事一覧 > 2005年05月

«新しい記事1 2 3 4 古い記事»
200505/3023:30

減速比考

ファイナルをミニ四駆用に変えた以外はまったくノーマルなので、現在のギアの関係はこのようになります。
ギア概略図

つまり減速比は
1:8.75

で、8.75:1になります。
モーターのピニオンを10Tにすれば7:1、1.25倍です(あたりまえ)。

以前製作した1号機、2号機はともに7:1でした。10Tピニオンはレインボープロダクツの通販で購入しました。

8Tより大きなモーターピニオンは、中間ギアの位置を下げないと付きません。つまりミッションユニットの加工が必要です。
ちなみに「ラジカン改造キット2」には、12T/28Tの中間ギヤがセットされているらしいです。これを使えば加工なしで10Tピニオンが使えますが、もう入手は難しいでしょう。
ミニ四駆のチューンナップギヤーセット(GP17)に含まれている「G7ピンク」がモジュール歯数ともにぴったりですが、これまた古いものなので手に入るのかどうかわかりません。

1号機用の加工済み品を流用して減速比を変えてみようかと思ってます。ちょっと物足りなくなってきましたから。

【2005.06.01追記】
タミヤのカスタマーサービスに確認したところ、チューンアップギヤーセットは生産停止、在庫なしでした。残念。

【2005.06.02追記】
中間ギアを自作してしまえばいいことに気づきました。
12T/28Tなら割合簡単にできるかもしれません。

【2005.06.10追記】
10Tピニオン、中間ギヤ12T/28T、ファイナル28Tの組み合わせで減速比は6.53:1になります。

200505/2922:04

はかり

重量の測定に使うはかりについて調べたところ、身近なところに案外よさそうなものがありました。台所で使うクッキングスケール(キッチンメーター)です。
読み取り誤差を防ぐためには、やはりデジタル式がよいです。TANITAというメーカーが有名なようです。KD-176という型式のものは最小表示1g、最大2kgまで測定できます。ホームセンターなどで実売2680円くらい。
メーカーにこだわらなければ、同様のものがヤフオクで新品実売1200円程度。送料を入れても2000円でおつりがきそうです。

200505/2712:33

リアサス折損

操作ミスで壁に接触、リアサスを折ってしまいました。

折れたリアサス

懸念したとおり塩ビでは強度不足でしょうか。まあ機械モノは弱いところにしわ寄せが行くものなので、ミッションボックスまわりなどにダメージがなかったのはよかったです。
またつくりましょか。

200505/2612:45

走行インプレ

前輪を組みなおして走ってみました。
ステアの左右差は今ひとつ改善されていません。
芯出しは今ひとつですが、左右前輪の差があまりない状態までもっていくことができました。ということはサスペンションですかね。
ただ、以前に比べてカッチリ感が増したように思います。ダイレクトな感じとでもいいましょうか。ステア操作に対してクイックに反応します。
ここ数日のセッティングではホイールのみ着脱していましたから、芯出しの影響はあったのだということになりますね。

200505/2323:01

XMODSのAWDキット

XMODSスターターキットと同時発注するつもりのAWDアップグレードセットですが、ショップにはなかなか在庫がないようです。

68506 XMODS AWD(All Wheel Drive) アップグレードセット \1,890

ちょっと前、某ショップにメールで問い合わせてみたところ、メーカーから入荷し次第販売するとの回答。この楽天ショップのステータスがいつまでたっても変わらないので、思い切ってメーカーのカスタマーサポートにメールしてみました。先週の土曜日深夜のことです。

「先週入荷したので今は在庫している」との返事が本日付できました。

まさか1営業日中に返事をくれるとは思っていませんでした。なかなか対応いいじゃないですか、HPI Japan。

«新しい記事1 2 3 4 古い記事»

サイト内検索

月別アーカイブ

↑ページ先頭へ

1391432 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理