最終更新: 2019/06/20(Thu)22:00

自作と修理を愛するブログ。トイラジ、電子工作、ボルティー、NucleusCMS 、いろいろゴソゴソやってます
3Dプリンター / 3Dスキャナーも -kyu-

Home > 過去記事一覧 > 2006年05月

«新しい記事1 2 古い記事»
200605/2222:36

ラジカン倶楽部解体新書~エレキ編

まずはラジカン基板のおさらいから。従来型ラジカンの基板には初期型のTY-X2255とメジャーバージョンのTY-X2262の2種類が存在します。
TY-X2255
TY-X2255です。初期型のMINIなどに使われていた基板。ステアの駆動も130モーターでシャーシの形状も異なります。
TY-X2262
TY-X2262です。この写真はS2000のものです。耐圧の高さなどに定評がありました。TY-X2255と比較すると部品のレイアウトがまったく違うのが良くわかります。

それではお待ちかね、ラジカン倶楽部の基板「TY-X2350」です。
TY-X2350表
レイアウトはTY-X2262に似ていますがあちらこちらに違いが見られます。
TY-X2350裏
パターン面はこんな感じです。従来との最大の違いはドライバトランジスタの配置でしょう。

RX2C
トイラジの心臓部であるRX2Cは、カニのマークのRealtek製から互換品のATS302Rになりました。カスタマックスでは表面実装品でしたが、DIPに戻ったわけです。早速ググってみるとどうやらこれはActions Semiconductorsという中国の会社の製品のようです。データシートはこちら(pdf)。なおターボのファンクションはありますが例によって使われていません。
トランジスタ
モーターのドライブをつかさどるHブリッジのトランジスタは、TY-X2262ではパターン面に、TY-X2335(カスタマックス)では両面に実装されていたため表面実装品だったわけですが、この基板では挿入実装型が採用されました。エアロアールシーでトランジスタ換装が流行ったことも一因でしょうか。型番によるとフェアチャイルドのトランジスタSS8050のようです。Ic=1.5A、Hfeはたぶん160~300の品物です。データシートはこちら(pdf)
基板カバーがないので少々大きめのトランジスタに換えても切った貼ったする必要はないでしょう。

従来品よりパワーがなくなったとの報告が相次いでいますが、おそらくトランジスタを換えるだけでおお化けするような気がします。
なお、わたしは電気シロウトですので上記情報は間違っている可能性があります。悪しからず。

200605/2123:14

ラジカン倶楽部解体新書~車体編

まだ一度も走行させていない状態ではありますが、早速禁断の分解作業に移ります。5本のタッピンネジを外すとボディがとれるのは従来品とまったく同じ。
ボディ取り外し
まず気が付くのは、基板カバーがないこと、アンテナが旧来のループアンテナになったこと、モーターのリード線がヘッドライト電飾用の線とともにハンダ付けされていることでしょうか。
また写真には写っていませんが、フロント部には別部品のバンパーがありました。
ボディ裏面
ボディを裏側から見たところです。どうやらこのボディ、スモーククリアの樹脂パーツで、窓をマスキングして表面から塗装が施してあるようです。ライトのレンズはまた違うクリアパーツ。LEDはホットボンドで固定。ハンダ付けは比較的うまいほうですね。
フロント周り
フロント周りをバラしてみたところです。ボビンやアームなど従来とまったく同じ部品構成でしたが違いがひとつ。ステアリングロッドの形状が変わりました。中央の長穴付近で割れてしまうことが多かったのでこれは大きな改善ですね。
モーターハンダ付け
モーターがハンダ付けされたことでミッションボックスは簡単に取り外せなくなりました。でもラジカンのウィークポイントである「四輪の接地圧が均等でない」ことの原因は、この取り外し式ミッションボックスだったというのは周知の事実です。またネジ穴はあったけどネジ止めされていなかったモーターユニットボックスとミッションユニットは、しっかりとネジ止めされています。すばらしい。
モーターユニットボックス
旧来の部品と比べてみると必要最小限の金型改修で済ませていることがわかります。これまでモーターの端子と接触させていたターミナルが削除され窓が大きくなっています。
モーターユニットボックスとシャーシの接合部に見慣れない部品を発見。接着されているのでバラすには切るしかありません。シャーシの補強でしょうか。それとも単にボディの受け? この部分の剛性不足を感じたことはないのでちょっと意外ではあります。
ミッションボックス
ラジカン倶楽部最大の目玉はこの簡易リアサスペンションでしょう。これまでのアクスルシャフトの軸受けはオーソドックスに両側2点でしたが、これらを上下方向の長穴に変更、中央に別部品で軸受けを追加しています。中央を支点にしてシーソーのように動きます。これは面白い。
以前製作したピレリカラーのストラトスでシーソー方式を試したことがありますが、そのときはモーターユニットボックスごと揺動させようとしてスムーズに動かず、両側に板バネを追加したために左右のバランス取りが難しくと、どんどん泥沼にはまっていきました。揺動させる対象をアクスルシャフト以下にすることで質量の影響を受けにくくなり、軽く動くので両輪の接地圧を均等にしてくれる効果が期待できます。
ただしファイナルギヤもいっしょに動きますので、静止状態ではいいのですが駆動がかかったときにどういう挙動をするのかはわかりません。ギヤごと動かしてしまう発想はカスタマックスにも通ずるところです。
リアサスの動作
合成写真を作ってみました。スプリングでバランスしているわけではないので、指先で押すだけでかたかたと動きます。これをスプリング化しようとは思わないほうがいいですよ。ストロークは結構ありますが、悪路に対応するためのサスではないのでお間違いなきよう。

次回は基板関係です。

200605/2101:39

ラジカン倶楽部購入

ラジカン倶楽部、今朝までその気はなかったのですが、家族で訪れたショッピングセンターで勢いで購入してしまいました。
車体全体
車種は悩みに悩んだ挙句ザナヴィニスモZを選択。新規設定のボディに興味があったのでZとスープラから選ぶことにし、実車はよく知らないのであとはフィーリングです。トレノでもよいかなと思ったのですが、店頭の残1台は塗装がかなりいまいちだったのと、いまさらイニDでもないなと思い直した次第です。
パッケージ全体
従来のラジカンと比較して一番変わったのがパッケージングです。名前の由来でもある円筒型のパッケージから、平積みできる小判型に変わりました。ディスプレイとコレクション性を向上させたとTAIYOさんは言っていますが、どちらかというと販売店さん向けの変更のようにも思えます。
パッケージ分解
送信機なしでも単独のケースとして使えるように透明なフタが付きました。台座への固定はいままで同様ビス止めです。送信機のアンテナは台座下に取り付けます。
送信機
送信機はだいぶセンス良くなりました。周波数ですがこのクルマは「36MHz」です。従来のバンドは事実上27MHzと40MHzのふたつでしたが、このラジカン倶楽部は27・31・36・40・45・49MHzで6車同時走行が可能。惜しむらくは車種によって周波数が固定というところでしょうか。ちなみに私は法律とか詳しくないんですが電波法が変わったんでしょうか。従来のラジカンでもTAIYOさんに直接お願いすると31・35・45・49MHzの基板が入手できたのですが、これは海外向けでホントは国内では使えないようなことを聞いた気がするのですか…。
ボディのステッカーフロント

ボディのステッカーリア
スポンサーステッカーはカスタマックス同様シール仕上げです。価格的に仕方ないところでしょう。塗装は全体的にかなりラフな印象。このザナヴィニスモZはまあまあ良いほうでした。後述しますが窓にはクリアパーツが採用されていてその点はマル。
実写を忠実に再現してあると思われるスポンサーステッカー、TAMIYA、REAL DRIVE、KYOSYOの文字が踊ります。TAIYO R/Cのロゴが拝める日は来るのでしょうか。

写真が多くなりすぎなので以下次回へ続きます。

200605/1422:55

アメリカ人とXMODS

アメリカの現地スタッフがXMODSを走らせていたという話を以前しましたが、その当人が研修のため来日しました。晩飯に誘われたので普段はあまり乗らない電車で小一時間かけて出動。彼の名前はデビッド、ボストン在住のベジタリアンです。
聞けばボストンオフィスのすぐ近くにRadioShackがあり、ほかに3人ほどでオフィス内特設サーキットで楽しんでいるとのこと。うらやましい。
同好の士なので話は早く、FETは換えたほうがいい、AWDは必須だなどと話に花が咲きました。
面白かったのはMini-Zの話。日本人は「ミニッツ」と発音しますが、アメリカでは「ミニジー」というそうです。確かに「Z」は「ゼット」ではなくて「ジー」。最初こちらの車種をきかれて「元はニッサンゼットスリーファイブオー」と説明したのがまったく通じなかったのもうなずけます。
オフィスのコースはパンチカーペットでタイヤはやはりMini-Z用を使っているらしいです。持参のPCに走行の様子を撮影した動画があって見せてもらいました。どちらかというとドリフトというよりグリップ走行主体。
モーターは何使ってると聞かれてTAMIYAのMINI4WDだよといったら納得してました。さすが世界のタミヤ。またドッグボーンはGPMのアルミアロイパーツが良いと薦められました。やっぱりドッグボーンっていうんですね。
今度アメリカへ来るときは是非XMODSをもってこいと念を押されて別れました。楽しいひと時でした。

200605/0722:35

電飾に挑戦

休みの間は走行ができないという妙な環境のため、予定していた電飾にチャレンジしました。XMODS純正のコマンドロジックライトキットを組み込みます。
このキット、白LEDと赤LEDがそれぞれ2灯、尾灯用の赤LEDはレンズが透明なタイプです。基板はクリスタル直後のコネクタに接続します。まるはサンによると単に増幅しているだけの基板のようで、制御は車体側の基板で行っているようです。
車体のスイッチを入れただけでは点灯せず、プロポ側の電源を入れると減光状態で点灯、しばらくほっておくと消灯、アクセルオンで明るく点灯します。よくできてますね。
ライトキット組み込み
Mini-Zボディは細部まで良く作りこんであって、たとえばヘッドライトのレンズはもちろんクリアパーツなのですが、それが接着されている黒いベースはレンズの裏側がシルバー塗装されているといった具合。差し替え式でリトラクタブルを再現してあったり。
黒いリトラクタブル部分の大きさからして難しいと思っていたのですが、案の定、LEDの光軸は上を向いてしまいました。LEDのレンズを削るのはちょっと気が引けたのです。
基板の設置スペースに悩むかなと思っていたら天井部分でオッケーでした。逆にヘッドライトにLEDを仕込むための穴をぐりぐりとあけていくのに手間取る始末。ピンバイスで彫っていったのですが、トイラジやプラモデルと比べると材料がだいぶ硬いように感じました。
4連のライトポッドにも手を入れたいところですが、かなり難易度が高そうです。
ヘッドライト
テールランプ
光漏れはなにも対策していないのでまあご愛嬌ということで。

«新しい記事1 2 古い記事»

サイト内検索

月別アーカイブ

↑ページ先頭へ

1389183 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理