最終更新: 2008/10/30(Thu)23:24

「つくる」をお題目に、トイラジやらVoltyやら、いろいろゴソゴソやってます -kyu-

Home > XMODS EVO

«新しい記事1 2 古い記事»
200810/3023:24

ウミノムコウ

XMODS EVOのニューボディがリリースされたようですね。
RadioShackのサイトに'08GTRスターターキットがラインナップされています。

★Nissan GTR

(写真はRadioShackからいただきました)

情報がほとんどないのでよくわかりませんが、パッケージ内部の緩衝材が変更された程度で、シャーシは従来品のままのようです。が、クリスタルがハンダ付けされていて、簡単には交換できないという話もあります。真偽のほどは不明。

純正オプションの品不足は本国でも同じようで、AWDやベアリングなど、走りに必要なオプは入手困難な模様です。

200708/1000:05

ディテールアップ大作戦

IPAの感動がさめやらぬうちに、シャーシーはちょっとお休みしてボディに手を入れてみましょう。

★エポクリアでライトレンズ作成
ミニのヘッドライトを流用して電飾入りのフォグランプをつくります。
外径が少々大きすぎるので、ニッパとデザインカッター、やすりで加工後、ストラトスのテールランプと同じ手法でクリアレンズ化しました。
エポクリアの混ぜ方が悪かったせいか、細かい気泡がずいぶん残ってしまいました。
光漏れ対策として、穴を開けたアルミテープを裏側に貼り付けておきます。

…続きを読む>>

200708/0923:51

IPA

社内で化学屋さんとの打ち合わせのときに「戻り品の○○○を調査するときは、まず×××を通し、IPAに置換して光学顕微鏡にかける」という話をききました。はて、IPAとはなんぞやとググッてみると、出るは出るは模型系のサイト。仕事中にいかんと思いつつも、ついつい読みふけってしまいました。
IPA(イソプロピルアルコール)は、クルマの水抜き剤として広く出回っています。これが塗装やメッキの剥離に使えるとはまったく知りませんでした。完全にこなれていると思われていた模型関係、十五年のブランクの間にまだまだ新技術が出現しているやも知れません。

…続きを読む>>

200707/2202:24

チャタリング

XMODSをいじり始めて以来、ずっと気になっていたのがステアのチャタリングです。ステアリングを角速度一定でひねりながらクルマを見ていると、一瞬ピクッと左右に大きく振れる場所があるのです。右でも左でも同様。また、全開走行中に突然舵が効かなくなることもしばしばあります。
ずっとクルマ側のせいだと思っていました。こんな場合、十中八九ポテメの接触不良がその原因だからです。
ところが、最近手を出しているXMODS EVOでもまったく同じ現象が発生。つまり、同じプロポでクルマを変えてもチャタリングがでるのです。ということは、プロポ側に問題があるということ。これまでのところプロポはまったく無改造、分解すらしたことはありませんでしたが、意を決してバラしてみることにしました。

…続きを読む>>

200707/1900:21

お買い物

セッティング用パーツを購入しましたのでその報告を。

★サスペンション&ステアリングアップグレード
ソフト(赤)、ミディアム(黄)、ハード(青)の3種類のバネとダンパー(というかバネホルダ)、3種のトー角のタイロッドのセットです。
スプリングはXMODSのものより巻き径が細いため流用ができません。正直、タイロッドは不要。バネのためにこのセットを買わざるをえませんでした。ちなみに、極端にバネ定数の低いバネは製作が難しいため、歩留まりが悪いそうです。

…続きを読む>>

200706/2423:18

XMODS EVOのシャーシにラジカンTOYOTA 2000GTのボディをつけてみる

なにはともあれボディをつけられるようにします。
ストラトスと同様にもともと付いていたボディマウントを加工する予定だったのですが、形状をあわせるのが結構厄介なことが判明したので、いちから自作することにしました。ライトの発光ギミックのため、ストラトスと同じくボディのフロントは上下二つ割の構造。上には手をつけず、下に四角いくぼみを作ることにします。

…続きを読む>>

200706/0823:52

(また)ホイールベース変更

載せるボディが決まりました。TOYOTA 2000GTです。
実はわたし、007が大好きです。特にショーン・コネリー主演の初期モノがたまりません。
2000GTは日本が舞台の「You Only Live Twice」に出演していたことで有名です。女性諜報員アキの運転で、舗装すら不完全な当時の東京を、土ぼこりを巻き上げて疾走します。劇中ではオープンカーですがこれはプロトタイプを改造したもので市販されていません。
厳密に言うとこの2000GTはボンドカーではないです。イギリス情報部の「Q」が007にあてがったスペシャルがボンドカーなんです。

★ラジカンTOYOTA 2000GT レーシング 前

…続きを読む>>

200706/0623:15

速度計測

軽く走行させてみると、思ったより「静か」で「速い」ことがわかったので、興味本位でスピードチェッカーを引っ張り出してきました。
EVO ノーマルで17km/h
2セル、リレーチューン、PowerDash、減速比6.07:1のラジカンとほぼ同じ値です。
4セルなのにこの程度とみるか、どノーマルにもかかわらずこの数字とみるかはあなた次第。

«新しい記事1 2 古い記事»

サイト内検索

↑ページ先頭へ

1107392 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理