最終更新: 2006/05/22(Mon)22:36

自作と修理を愛するブログ。トイラジ、電子工作、ボルティー、NucleusCMS 、いろいろゴソゴソやってます
3Dプリンター / 3Dスキャナーも -kyu-

Home > ラジカン

200505/0400:37

フロントホイール・フロントアーム

前輪構成部品一覧
フロントホイールの構成部品とフロントアームです。ベアリング化することが主目標。さらにラジカン純正ホイールでキャップをします。
左から、純正ホイールを後輪同様に加工したもの、M2ナット、ベアリング、ミニ四駆用ホイールを加工したもの、ベアリング、フロントアームです。実はそのほとんどは1号機用に作成したものを流用しています。

M2ナットとミニ四駆ホイールは、ナット止め小径ホイール・ショートシャフトセット(ITEM 15253)のものを利用しています。同セットにはロックナットも含まれていますが、ホイールキャップとして加工した純正ホイールと干渉するため、厚みの薄いM2ナットを使いました。あらかじめ瞬間接着剤を一滴たらしてから組み立てて回り止めにします。
ベアリングはラジ四駆六角穴ボールベアリング4個セット(ITEM 15287)です。よく聞く話ですが、この六角穴ベアリング、内輪と外輪のガタがとても大きいです。そこでベアリングでホイールをサンドイッチして、ナットの締め込み加減で与圧をかけるようにしました。

ミニ四駆ホイールの加工
ベアリングをはめ込むためのザグリ加工を施しました。破けてしまいそうなところは適宜エポキシパテで肉盛しています。ちなみにベアリングの外径は6mmです。
色がオレンジ色なのは、1号機のとき、緑だとあまりにもオモチャっぽかったためです。本当はノーマルのレモンイエローにしたかったのですが、サーフェイサーをケチったため発色が期待できなかったのでちょっとトーンを落としたというわけです。
なお、このザグリ加工は芯出がかなり難しいです。左はうまくいったのですが右はかなり偏芯してしまいました。

フロントアーム
フロントアームです。なんとなく、ナックルと呼んだほうがしっくりくる部品ですが、大陽工業の部品販売リストによると、フロントアームという名前です。
ノーマルはシャフトが回転しますが、ベアリング化することでシャフトは固定にしなければなりません。前述のナット止めホイールのシャフトを切断して接着。フロントアームの中に入ってしまう部分にニッパで傷をつけて抜け止めとし、瞬間接着剤で固定します。
上方のピン(写真では左側)は延長します。この部品がうろ覚えなのですが、たぶんミニ四駆ビスセットA(ITEM 15232)に入っていたものでしょう。これも瞬間接着剤で接着しました。なぜ延長するのか、このあたりはサスペンションの項で触れることにします。

トーインの様子
シャフトは、進行方向に向かってちょっと曲げておきます。いままではステアリングロッドの穴位置変更でトーインにしていましたが、今回はこちらで。
最後にベアリングとの干渉などチェックして細部形状を整えます。

トーイン模式図
ちなみにトーインとは上図のようなことをいうらしいです。ラジカンは各部のガタが大きいですが、トーインにすると直進安定性がすこぶるよくなります。

…続きを読む>>

200504/2923:54

ミッションボックス

ミッションボックスまわりを組み立てます。
ミッションボックス
モーターはパワーダッシュ。チューン系と比べるとカーボンブラシのダッシュ系の方がラジカンとの相性がよい気がします。
アクスルシャフトは72mm強化シャフト(ITEM 15235)を切断して使用。ベアリングは組まずにミニ四駆標準添付のハトメを使います。ハトメとミッションボックス上下の接する部分にはアルミテープを貼ってガタを少なくしてあげます。
AOパーツのメタル軸受けセット(ITEM 94381)、または、620ベアリングを組み込むというテもあるのですが、ミッションボックスを精度よく加工する必要があり、そのあとの強度やメンテナンス性にも問題があるため、あえてハトメです。
ギヤは、モーターのピニオンが8T、中間ギアはラジカンノーマルの12T/30T、ファイナルは「G11はだいろ」28Tとしました。この構成でラジカンノーマルと減速比が同じになります(8.75:1)。ファイナルはソニックセイバーからの流用です。
中間ギアとファイナルのバックラッシが小さすぎる感じがしたので、中間ギアをはめ込むミゾを軽く削って微調整しました。金型がかなりくたびれているらしく、ミッションボックスはバリっぽくて合いが悪いです。

200504/2623:31

リアホイールの製作

純正リアホイールとミニ四駆のタイヤを組み合わせるための加工をします。

リアホイール改造前後
上段左が純正リアホイール。右は以前購入してあったダンガン用グレードアップパーツ、ワイドタイヤ・ホイールセット(ITEM15283)のホイールです。それぞれ下段のように削り込みました。
純正ホイールは前輪と後輪でリムのオフセット量が違います。後輪のほうが深いので、前輪を使用したほうが楽だったかもしれません。
また、ダンガンのホイールはシャーシ側のボスをカットしてオフセット量を小さくしています。シャフトとの勘合部分が短くなってしまうので、貫通穴加工をして長さを稼ぎます。最終的には瞬接などでヌケドメ処理をしなければならないでしょう。

リアホイール装着
ラジカンホイールはスチロール系、ダンガンは軟質ポリ系で明らかに材質が異なるため、エポキシ系の接着剤で接合するつもりでしたが、同セットのワイドタイヤにサンドイッチする形ではめ込み装着したところ、ガタも無く結構いい感じになったのでとりあえずそのままです。

タイヤはミニ四駆のレストンスポンジタイヤをチョイスするという手もあるのですが、1号機、2号機の経験からすると、ターゲットの路面ではゴムタイヤの方がコントローラブルでした。グリップしすぎないほうがスピンしにくいようで、レストンも使い込んでだれてきたほうが扱い易かったです。このあたりは実走行の具合を見て変えるつもりです。

200504/2523:37

3号機製作開始

散々迷った挙句、3号機の製作を開始しました。
当初はあまっている部品と必要なものの買い足しで一台仕上げるつもりだったのですが、メーカーのパーツ供給が終了してしまったため、1号機を部品取り車とすることにしました。

まずは肝心かなめのリアサスまわりから。今回はMini-Z式のTバーサスを採用。厳密に言うとTの字ではないのですがね。
いままでに2種類の方法を試しましたが、ともにロール軸として本当の「軸」を装備していました。機構的には結構気に入っているのですが、どうしても精度やがたの問題が付きまといます。Tバーの場合は、素材自体の「しなり」でこの機能を実現することになります。

リアサス部品一覧
1.シャーシはモータユニットボックスを取り付けるフランジ部分を削ります。
2.シャーシジョイントを切り刻んで、長ナットとして写真の部分だけを使用します。ちなみにこのシャーシジョイントはNEWフェアレディ-Z(Z33)のものを使用しました。
3.Tバーは塩ビ板から切り出し。形状は仮決定です。カーボンかFRP素材を探していますがなかなか見つけ出せていません。
4.ミッションボックス下には現合でねじ止め用の下穴を開けます。ねじはシャーシとモータユニットボックスをとめているねじをニッパで切断して使用します(アクスルシャフトと干渉するため)。
(部品の呼び方はte-Tsu坊さんのラジカンサイトT's Garageを参考にさせていただきました)

なお、モーターユニットボックスは使用しません。モーターの配線はどうするか思案中です。ハンダ付けが一番確実ですが、モーター交換が面倒になってしまいますね。

シャーシ削り個所
シャーシの削り部分です。赤八ッチング部分を削ります。
ねじの頭を逃げるためのザグリとツライチになるまで削りました。

リアサス外観
仮組みしてみました。
モーターユニット下の刻印がけっこう出っ張っていたため、軽くヤスリがけして平らにしています。
手加工で、定規も何も使わずに切り出したTバー、ちょっといびつになってしまいました。

200504/2223:44

2号機

ランチア・ストラトス(ピレリーカラー)
クルマの全体がわかる写真を掲載していませんでした。ランチア・ストラトス、ピレリーカラーです。
実はボディに関してはほとんど何もしていません。1号機は結構盛り削りを繰り返して汚くなってしまっていたので、コンセプトとして「ボディはできるだけいじらない」ようにしたためです。
ライトポッドの内側にリフレクタ代わりのアルミテープを貼っていますが、この写真ではわかりませんね。ほかにはシャーシとねじ止めするボスの後ろ側2本をカットしたり、リアまわりのランプを固定している部品の焼き嵌めを削り落としたりと、非常にわかりにくいところに手が入っています。

200504/1811:23

ラジカンの部品販売終了?

アリタリアカラーのボディがあまっているので3号機を仕立てようと思い大陽工業のWebサイトから部品を注文しようとしたのですが、ほとんどの部品が部品販売サイトから消えていました。残っているのは商品同梱の取説に記載されているロッドアンテナ、電池蓋、バスサイドミラーだけです。
こうなると、ママーズ・ドットコムで格安の新品を手に入れて移植するしかないですね。

大陽工業に問い合わせてみたところ

> ラジカンのスペアパーツの生産は、終了いたしました。
> 在庫も無くなってしまいましたので、販売は終了になります。

とのこと。んー、残念。

200504/1221:55

ラジカンとサスペンション

ラジカンの最大の弱点は、四輪の接地圧のバランスがとれていないことでしょう。前後はともかく、左右のバランスがうまくありません。

よく「サスをつけると屋外での走破性が上がる」とか「ギャップでも不安なく走ることが出来る」などという話を聞きます。そういった面もあるかもしれませんがわたしにはわかりません。いつも走っているコースは、屋内のフラットで滑り易い路面だからです。
でもサスがあるのと無いのでは走りが格段に違うのです。何故でしょう。

サスペンションをつけることの意味はズバリ「左右の接地圧を均等にする」ことだと思います。

200504/1212:46

試走結果

リレーチューンを施したわがストラトス2号機、本格的な試験走行をしました。
結果は上々です(^^)/
電気的にはほぼ問題ないです。結果的に足回りがついてこなくなってしまいました。
アクセルオンからオフにすると、ブレーキがかかったような感じになります。ステアリングを切りっぱなしでアクセルオフすると、一瞬リアが流れてからフロントが腰砕けになってしまいます。サスかタイヤの調整が必要ですね。

サイト内検索

↑ページ先頭へ

1449525 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理