最終更新: 2006/05/22(Mon)22:36

自作と修理を愛するブログ。トイラジ、電子工作、ボルティー、NucleusCMS 、いろいろゴソゴソやってます
3Dプリンター / 3Dスキャナーも -kyu-

Home > ラジカン

«新しい記事 ... 8 9 10 11 12 古い記事»
200502/2200:00

リベンジ・リレーチューン

リレーを注文しました。
発注先は前回と同じく共立エレショップ。大阪です。松下の基板用リレーDS1E-M-DC3Vを2ケ。送料込みで1000円でした。前回は単に「松下は嫌い」なのでOMRONを購入したのですが、今回は識者に助言を仰いでの再チャレンジです。
DS1E-M-DC3Vのスペックですが、同サイトによると
-----------------------------------------------------------------
永久磁石を利用した高能率磁気回路で小型、高感度、高容量実現!!コイル定格:DC3V133.3mA、定格負荷:AC250V/DC220V3A。
-----------------------------------------------------------------
3Aはギリだという気もしますが、多分大丈夫でしょう。

【追記】
最終的な金額は980円+振込手数料でした。
2月23日18時付けで発送の通知がありました。

200502/2000:58

リレーチューン失敗

先日発注して届いたG5V-1 DC3Vを組み込みました。
パワーダッシュの空運転では問題なく動きましたが、プラズマダッシュに換装、じゅうたんでの試走開始後まもなく不動に。リレーが逝ってしまいました。出力がDC24V/1Aを越えてしまったのでしょう。またリレーの選定からやり直しです。

1Aではだめですね。単純に足し算でいいのかわかりませんが、最低でも2.7A/DC2.4Vに耐える必要がありそうです。入力定格がDC3Vのリレーは限られているので、この方向は難しいかもしれません。

リレーで駆動すると出力のON/OFFがデジタル的になるようです。コントローラのボタンを離した瞬間にブレーキがかかるような感じ。これは1cのリレーを使い、OFF時にGND接続の回路にしたためでしょう。まあ、充分な実走行をさせていないためわかりません。

まったく走れないと寂しいので、配線を元通りに復元しました。

«新しい記事 ... 8 9 10 11 12 古い記事»

サイト内検索

↑ページ先頭へ

1409941 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理