最終更新: 2014/04/27(Sun)00:20

自作と修理を愛するブログ。トイラジ、電子工作、ボルティー、NucleusCMS 、いろいろゴソゴソやってます
3Dプリンター / 3Dスキャナーも -kyu-

Home > トイラジ全般

«新しい記事1 2 古い記事»
200510/2922:16

モーター供給の危機到来か?

リアルタイムで経験していないので、その豊富なパーツを流用するという観点以外にミニ四駆にはこれといった思い入れはありません。ただ田宮模型の製品は好きです。
ミニ四駆ブームが去り、タミヤはその後ラジ四駆、そしてダンガンレーサーを投入しました。先日ちょっとダンガンを走らせる機会に恵まれたのですが、確かにおもしろい。スピードものるしバトルもエキサイティングでした。でもよいものが売れるとは限らないのが世の常。残念ながらダンガンは、ミニ四駆ほど売上に貢献してくれなかったようです。

ちょっと探し物をしていてビビりました。ミニ四駆PROの登場です。発売は11月18日(金)。

ミニ四駆情報

ミニ四駆オンラインレーサー

ガッツの「これがミニ四駆PROだ!」

詳細は上記サイトにお任せするとして、最大の懸念事項は「モーター」です。
ミニ四駆PROのモーターは、これまでの130クラスとはちょっと違います。重量バランスと駆動効率の向上のため、モーターの出力シャフトは前後出しになりました。エンドベル側のシャフトにもピニオンがつきます。センターシャフトは廃止され、モーターのピニオンギヤがヘリカルギヤを直接駆動する方式です。
つまり、これまでタミヤから発売されていたモーターはまったく使えないということです。

もしかすると今後、安価で入手性のよいタミヤのモーターは手に入りにくくなるかもしれません。チューン系ダッシュ系を問いません。

200505/2922:04

はかり

重量の測定に使うはかりについて調べたところ、身近なところに案外よさそうなものがありました。台所で使うクッキングスケール(キッチンメーター)です。
読み取り誤差を防ぐためには、やはりデジタル式がよいです。TANITAというメーカーが有名なようです。KD-176という型式のものは最小表示1g、最大2kgまで測定できます。ホームセンターなどで実売2680円くらい。
メーカーにこだわらなければ、同様のものがヤフオクで新品実売1200円程度。送料を入れても2000円でおつりがきそうです。

200502/2108:42

エアロアールシーの印象

エアロアールシー組み立ててみました。
…あまりポテンシャルが感じられないですね。

1)ステアリング
遠心クラッチの機構は秀逸です。130モータがハブを回して、円周上に配置されたシューが外輪を駆動します。外輪にピニオン、ラック&ピニオンです。
高回転モータに換装する手法は、メカ的な問題と基板の耐圧の関係で難しそうです。
どうしてもダイレクト感に欠けます。前輪を浮かせた状態でもステアリングが切れきるまでにタイムラグがあるのがわかります。構造上の問題ですね。
また、ニュートラルに戻すバネも弱め。駆動力が稼げないためこの設定は仕方ないところでしょう。
サスペンションは前方から見てハの字にストロークするタイプ。割合硬い設定です。
部品点数が多く、組立説明書がわかりにくいこともあって、お子様にはちょっと難しすぎるのかなと思いました。

2)シャーシ
ラジカンを見慣れているため、とても幅狭に感じます。高さは結構あります。

3)タイヤ
ノーマルは超扁平。やわらかいゴムなのでグリップはそこそこ。ホイールのシャフト差込部とリムの間にはリブ等ありません。強度的に辛いですね。

200502/2001:02

エアロアールシー

…買ってしまいました。マーチです。まだ組み立てていません。

«新しい記事1 2 古い記事»

サイト内検索

↑ページ先頭へ

1391432 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理