最終更新: 2017/09/04(Mon)22:16

「つくる」をお題目に、トイラジやらVoltyやら、いろいろゴソゴソやってます -kyu-

Home

定番電気仕事

  • カテゴリ: XMODS

電子的舵角改善とFETの換装を行いました。

まずは電子的舵角改善。フランスのフラグマンさんが考案した手法で、サーボのポテンショメータに抵抗を追加して基板をだまくらかすというもの。ikinari rc.さんが詳細を公開されています。
電子的舵角改善
サーボケースをバラしてポテンショメータに10kΩの抵抗をハンダ付け。熱収縮チューブで絶縁しました。作業自体は簡単ですが、自分では絶対に考えつきません。インターネットと有益な情報を提供してくださる方々に感謝です。ちなみにメカ的に干渉する部分は事前に作業済みです。

基板をあけるついでにFETも張り替えることにしました。XMODSノーマルでは「A1792」と書かれたチップが使われていました。これがNECのμPA1792だとすると、4.5V時のON抵抗36mΩ/54mΩ、電流+3.4A/-2.9AのデュアルMOS FETということになります。(データシート)
FET換装
ラジカンストラトス、カスタマックスインプレッサと同じく、ロームのSP8M4に交換しました。(データシート)

これまたついでなのですが、センターシャフトをアルミで作り直しました。
直径3mm長さ1000mm弱の丸棒がホームセンターで126円で買えました。カーボンシャフトも検討したのですが、入手性に難があったのでアルミ材です。材質は不明ですが表面の感じからしてA6063あたりの押し出し/引き抜き材かなと思います。直径は3mmよりわずかに小さいらしく、ベアリングにもスキマバメでしっくりと通りました。
鉄とアルミの重量比は1/3ですから慣性モーメントも1/3になりますね。

コメント

5件のコメントがあります

 センターシャフトをSサイズにするため、手持ちの関係からカーボンシャフトになりましたが、Lサイズシャーシでドリフトしていた事もあって、非常に機敏に動きすぎる事になり、扱いに苦労するようになりました。
逆に元のシャフトを切って付けようかと思ったほどです。
わずか何ミリのホイルベースと何gかのセンターシャフトの軽さで、これほど差が出るとは思いませんでした。

  • まるは

 書き込みが反映されていませんね。
何を書いたか忘れてしまいましたが;;;

ホイルベースをSサイズにした場合、ドリフトは非常に難しくなった覚えがあります。
重量配分の問題かもしれませんが。
カーボンシャフトも軽すぎる感じがしたのも以外でしたが。

  • まるは

コメントは以前スパムが来たのでスルーで公開しないようにしています。対応が遅くなってしまいました(__)
ちょっと仕事が忙しくてラジいじりどころかPCの前に座ることもままならない状況です。

  • kyu

 お忙しいところを、お手をわずらわしてしまいまして申し訳ありません。
こちらも、何か落ち着いて工作できない状況で、作りかけの物ばかり溜まる有様です。

  • まるは

いえいえとんでもない。
でもそういうときにこそいろいろ作りたくなるんですよね(^^;

  • kyu

コメントを投稿

( *は必須項目です )

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%35%35%38%33%36%62%37%30%35%32%63%30%31%30%30%62%35%31%37%66%33%38%65%66%31%33%39%37%31%31%35%34%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%64%35%37%64%65%30%65%39%65%64%30%62%65%36%31%31%35%61%63%33%37%34%65%30%38%32%64%63%66%32%64%61%22%3e

サイト内検索

↑ページ先頭へ

1107780 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理