最終更新: 2017/05/10(Wed)23:05

「つくる」をお題目に、トイラジやらVoltyやら、いろいろゴソゴソやってます -kyu-

Home

金属加工

  • カテゴリ: XMODS

ユニバーサルカップは自作することにしました。智恵と工夫でトラブルを切り抜けるのは楽しいです。
割れた原因ですが、形状によるところが大きいような気がします。モーターを換装しているので文句は言えませんが、あまり大トルクに耐えることは考えられていないと私は思いますね。
アルミ材料と自作ユニバカップ
材料はセンターシャフトに使用したアルミ丸棒φ3と、外径φ4×内径φ3と外径φ5×内径φ4のアルミパイプです。それぞれ1m弱で200円しませんでした。

道具
使用した道具です。特に特殊なものは使っていません。接合は「耐衝撃」をうたっているアロンアルファを使ってみました。アルミ材料を適当な長さに切断しはめ合わせて接着、ヤスリとピンバイスで整形しました。すべて現物あわせのため図面などはありません。

自作アルミユニバーサルカップ
出来栄えですが、自宅で軽く試走した限りではまあまあですが、実走行に耐えられるかどうかはまだわかりません。一番心配なのが接合部。ノーマルのアロンアルファだと衝撃と繰り返し荷重で間違いなくバラバラになりますが、果たしてこの接着剤の性能はいかに。
また、本来このユニバーサルシャフトはデフギヤ貫通で右と左がφ1のシャフトで繋がっているのですが、今回自作したものにはそのφ1のシャフトがつけられませんでした。手持ちのキリにφ1がなかったからというのは言い訳で、ホントはシャフトのセンターに穴をあける自信がなかったのが正直なところです。

関連するオススメ記事

コメント

2件のコメントがあります

素晴らしい工作例ですね。
部品の接着ですが、狭い所だとアロンアルファはしっかりと接着できるようですが、強度的に補強するのであれば、0.6mmの太さのピアノ線を横から貫通させて固定すると確実だと思います。
100均ショップには、0.7mmのピンバイスまで売られているようです。

シャフトのセンターピンは、両方のカップの軸ぶれを防ぐための物なのでしょうか。旋盤がないと精度が出ないので、同じく加工には躊躇します。

  • まるは

いやはやどうもありがとうございます。
見栄えはともかく、実用的かどうかは明日検証の予定です。また報告しますね。
センターピンですが、その後φ1のキリをダイソーで購入し気合一発で加工してみましたが、案の定センターが出せずに芯ずれしてしまいました(T_T)
走らせてみてその後の対処を決めようと思ってます。

  • kyu

コメントを投稿

( *は必須項目です )

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%35%35%66%32%62%38%32%64%61%33%31%62%36%66%63%63%32%31%32%63%31%36%32%61%30%62%35%36%30%63%66%30%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%63%62%62%61%65%30%62%65%35%38%34%31%30%63%62%63%30%36%37%32%65%35%35%64%65%36%38%65%66%34%64%61%22%3e

サイト内検索

↑ページ先頭へ

1048959 [Mode]
Copyright © kyu-weblog All Rights Reserved. Powered by Nucleus CMS v3.71 管理